事業復活支援金の事前確認は期日までのご予約が達しましたので締め切らせていただきます。

「辻切り」~正月の民俗行事を体験しました。

新年に向けて災厄疫病退散の「辻切り」を体験しました。

体験イベントに参加させていただきました。

「辻切り」とは、みちあえの祀りであり、道祖神の祀りの一種のようです。

各地に伝わる魔除けの風習のひとつで、形式は多岐にわたりますが、もともとは全国的な正月の民俗行事であったようです。

その地域に、悪い病や悪い出来事が起こらないようにと、魔除けを作り、地域の入り口にしめ縄や藁で作った蛇などを祀ったものです。

千葉県佐倉市では、伊野地区(我がユーカリが丘も含む)にまだその風習が残っており、「井野の辻切り」と呼ばれています。

この風習は室町時代から続き、市川市と船橋市に残っているのみです。

さくら動画配信(佐倉市公式チャンネル)より

元々は、地域の入り口の道路に対して、直角に溝を掘り(この作業のことを、辻を切るというそうです)、そこに炒った五穀をまくことで、悪い芽が出ないようにするようです。

ですが、現在では道路が舗装されており、風習もなくなっていると言われています。


井野地区では、毎年1月25日にわらで作った大辻を村の入り口(八か所の)の大木に飾り、小辻を各家の表や裏門に掲げて祀るようです。

先日、この小辻を作るイベントを体験できるという催しがあったため、息子7歳に”ついてきてもらい”、二人で体験教室に向かいました。

教室では、井野地区に住んでおられる地元のおじいちゃんおばあちゃん(有志)が伝統保存会として、先生となり小辻(わらで作った蛇)を作らせてもらいました。

辻切りのつくり方について

使用するわらは、事前に十分湿らせておき、木づちで叩いて柔らかくしておくようです。蛇の頭は三つの作り方があり、各エリアによってその作り方は異なるそうです。


僕たちが作ったやり方は、説明が難しいのですが、片手にわらを巻き付けていき、徐々にわらを追加していき、最後に両端を結ぶことで出来上がる方法でした。


わらの蛇の口の中に唐辛子の舌を差し込み、五穀を中に入れた目をつけます。首に相当するところには、ヒイラギ、グミ、杉、またはシキミ等を差し込み、御幣を取り付けて完成させます。

実際に作ってみると、なかなか難しかったです。一方、息子は物覚えが良いらしく、テキパキと作っており、先生(地元の有志のおじいちゃんおばあちゃん)方から、「上手だね~」と褒められていました。もちろん、私は褒められておりません。

左:私がつくったもの。真ん中:先生がつくったもの。右:息子がつくったもの。やはり、口まわりの精巧さが違います(笑)

私と息子で作ったものが一つずつ、そして先生が作ったものを一つ頂き、合計3本我が家に持ち帰りました。

コロナウイルス感染症が落ち着かない世の中ですが、大きな病気や災いに打ち勝って、今年も楽しく過ごせることをお祈りしております。

>よこの山プランニング/千葉県佐倉市ユーカリが丘の中小企業診断士事務所

よこの山プランニング/千葉県佐倉市ユーカリが丘の中小企業診断士事務所

ホームページをご覧いただきありがとうございます。
【営業住所】千葉県佐倉市ユーカリが丘4-1-1-3F CO-LABO SAKURA内
【応対時間】月曜~金曜(祝日除く)10:00~18:00
【お問合せ】050-5240-4809・yokoyama@yokonoyama.com
AIによる自動音声応答になっております。
お手数ですが、留守電話にメッセージを残してください。
確認後、折り返しご連絡させていただきます。
【対応場所】千葉県及び東京都
リモート対応は全国可能です。

CTR IMG